今後テレワークはどうなるのか?未来予想 アフターコロナの世界

仕事【働き方改革】

コロナウィルス対策として急遽テレワークが導入されました。社会は一変しました。この流れは変わらないと思います。コロナウィルス後の社会はどうなるのでしょうか?ほんの少し先の未来が分かると様々な対応が可能になります。未来予想をしておきます。

今後テレワークはどうなるのか?未来予想

コロナウィルスによって良くも悪くも社会的に変革が起こっています。テレワークは今後リスク管理の面からも普及する事が必然です。

テレワークに関係する新しいビジネスも次々に生み出されて、日本の生産性が向上していく事が予想されます。それと同時に、テレワーク出来ないスキルの無い人も淘汰されることが予想されます。

ビジネスマンとしては日々勉強して、スキルアップしていく必要性があります。テレワーク環境下では、外注発注(アウトソーシング)にすれば良いのでは?という意見も出てくる可能性が高いためです。

テレワーク対応で作られるであろうサービス

経理業務をテレワークでするために、請求書の電子化が必須です。良くも悪くもテレワークに対応するため、今後請求書の電子化サービスが生み出されて多くの企業が取り入れていくと予想されます。

請求書の電子化

「請求書発行業務」から、請求書を貰ってから「支払い業務」までシステムで一括処理できるようになるでしょう。そのようなサービスが生み出される事は容易に想像できます。

FAX着データの電子化・セミナー業務

テレワーク中に届いたFAX文章をスキャナしてデータ化して会社のサーバーに保存して、テレワーク中の人が見れる状態にして各事務員に処理してもらっています。将来的にはFAXその物が無くなるかFAX受信した内容を自動でデータ化してフォルダに保存する機能ができるでしょう。

と言うか、今この文章を書いていて思ったのですが、そもそも、そのような機能が既にあって私の会社で使いこなせていないだけかも知れません。そうするとテレワークを効率化する方法を教えるセミナー等も流行るかも知れません。

郵便を電子データで送るシステム

郵便物も会社に届くとデータ化して、サーバーに入れて対応する事務員に処理して貰っています。もちろん親展郵便物や公開できないような重要書類はデータ化できませんが、データ化できる文章は今後データ化されていく事が予想されます。

例えば、会社のHPに電子データ受信先などが公開されて、そこに電子データで送ってもらうなどのシステムに代わっていく事が予想されます。

自宅までの昼食宅配サービス

今でもウーバーイーツなどのサービスがありますが首都圏に限られています。今後、配達範囲が広がる事が予想されます。また、昼食の個人宅への宅配契約などのサービスも増える事が予想されます。

テンポスバスターズの株主優待券を使って、「あさくま」の「ハンバーグ弁当」をテイクアウトしました。テイクアウト事業を始めた飲食店も増えています。

セキュリティー対策

個人宅に会社のデータを持って帰ったり、会社サーバーにアクセスすることを考えると、「パソコンそのものの紛失」「データへの不正アクセス」「ハッキング」「紛失」「盗難」など様々な問題が浮上します。今後、テレワークに関するセキュリティー関係の仕事が人気になると予想されます。

新築住宅の間取りが変わる

今後建築される住宅では在宅勤務するために、書斎が必須となる事が予想されます。他にも在宅勤務に適した設計が考えられ取り入れられた住宅が売れる事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました